[掲載日] (更新日) この記事は約 4 分で読めます

Ruby on Railsを理解しよう|超初心者向け

Ruby on Railsを理解しよう超初心者向け

Ruby on railsとは、効率的にアプリ開発が進められるように考えられたフレームワーク(ひな形・枠組み)です。

効率的に開発できる理由のひとつが

「MVCモデル」というプログラミング構造

にあります。

MVC(エムブイシー)モデルとは

  • Model(モデル)・・・データベースを扱う
  • View(ビュー)・・・データを画面に表示させる
  • Controller(コントローラー)・・・ModelとViewを繋ぐ

の頭文字を取ったものをMVC(エムブイシー)モデルと言います。

役割を分けることで、書きやすく読みやすく、メンテナンスもしやすいという特長があります。

Ruby on Railsを使って効率的に開発していくためには、まず

  • Ruby on Railsの仕組み
  • Ruby on Railsの処理の流れ

を理解することが大切です。

Ruby on Railsのプログラミングを最短1ヶ月で習得
RailsHack講座では13日間の無料期間(全額返金保証)で安心のスクールです。
WEBアプリケーションが実際に作成できます。
» RailsHack講座の13日間の無料体験(全額返金保証)はこちら

Model(モデル)を理解しよう

Model(モデル)の役割は、データベースを管理ややり取りを行うクラスのこと。

  • 必要なデータをデータベースから取得する
  • データベースに対してデータの登録、更新、削除などを行う

といった働きをします。

Model(モデル)モデルの作成コマンド

$ rails g model モデル名(単数形)

このコマンドでモデル単体の作成を行うことができます。
複数形ではない部分、注意が必要です。

View(ビュー)を理解しよう

View(ビュー)の役割

View(ビュー)は

データを画面に表示させる

という役割を持っています。

ビューファイルの場所は

/app/views/コントローラ名/アクション名.html.erb

投稿内容や見た目を変更したい場合には、ビューファイルを変更するだけですむので、修正も楽にできます。

特殊なファイル形式「erb」

「erb」とは

Embedded Rubyの略で、埋め込みRubyという意味

ファイルの中身は「見た目」を作るためのHTMLファイルですが、「erb」形式のファイルでは、HTMLタグの中に、特殊なタグを使うことで、Rubyのコードを実行できるようになります。

Controller(コントローラー)を理解しよう

Controller(コントローラー)の役割

Controller(コントローラー)は

ルーティングとビューを繋ぐ

という役割を持っています。

Controller(コントローラー)作成のコマンド

rails g controller 好きなコントローラー名(複数形) アクション名

命名には規約が存在しますが、それさえ守れば、対応したファイルが自動で用意されるので、大変便利です。

Ruby on Railsの処理の流れ

「ルーティング」については後ほど説明しますが、ブラウザからのリクエストが送られると、次のような順番で処理が行われます。

  1. ルーティングによって、コントローラとアクションが指定される
  2. コントローラーが、アクション名と同じ名前のビューファイルを見つけ出す
  3. ビューをブラウザに返し画面を表示する

Railsでは、コントローラーを経由して処理が実行されます。

ルーティングを理解しよう

ルーティングとは

  • URLとアプリを結びつける
  • ブラウザとコントローラを繋ぐ

仕組みのこと。

ブラウザからのリクエストに応じて、どのコントローラとアクションを呼び出すかというのを指定し、コントローラーに指示を出すのが、ルーティングです。

ルーティングを記述するファイル

ルーティングを記述するファイルの場所は

app/config/routes.rb

です。

「routes.rb」を見れば、どのリクエストに対して、どのアクションを実行するのかが一目瞭然です。

コマンドの意味を理解しよう

Ruby on Railsは、決まったコマンドを入力すれば、必要なプログラムを自動で生成してくれます。

例えば、開発を始める時は

rails new アプリケーション名

と記述するだけで

  • アプリケーション名のフォルダ
  • 開発に必要なフォルダやファイル

が自動で作成されます。

Ruby on Railsを理解しよう|超初心者向けまとめ

Ruby on Railsで、ページが表示されるまでの基本的な処理は

  1. ルーティング
  2. Controller(コントローラー)
  3. Model(モデル)
  4. View(ビュー)

という順番で行われていますが、Model(モデル)は必要がある時にのみ実行されるので、飛ばされることもあります。

Ruby on Railsでは

  • コントローラーを経由してビューを返している
  • ブラウザとコントローラを繋ぐのがルーティング

と、覚えておきましょう。

挫折しそうなプログラミングなら動画講座。30日間全額返金保証