Ruby on RailsでWebページを新しく追加しよう

記事内にプロモーションリンクが含まれる場合があります。

Ruby on Railsは、特定のコマンドを入力することで必要なプログラムを自動で生成してくれます。

$ rails new アプリケーション名
またはpostgresqlのデータベースを使う場合は
$ rails new アプリケーション名 -d postgresql

と入力して実行すれば

  • アプリケーション名のフォルダ
  • 開発に必要なフォルダやファイル

が自動作成されますし、トップページを作る時は 

$ rails g controller 好きなコントローラー名(複数形) アクション名

と入力して実行すれば、コントローラと、それに対応したファイルが自動で用意されるので簡単にページが作れましたね。

新しくwebページを追加する場合も、同じコマンドで簡単に・・・と思ってしまいますが、やてめて下さい。

なぜかというと、すでに同じ名前のコントローラーがある場合は、同じコマンドを使うと上書きされてしまうので注意

では、どうやってページを増やせばいいのでしょうか。

今回は、コマンドを使わずウェブページを追加する方法を説明します。

無料パソコンスクール講座
WordPress・SEO・プログラミング

あなたは以下のことで 悩んでないだろうか?

「フリーランスになりたいけど稼げるか不安だ」
「クラウドソーシングや営業して稼げるか不安だ」
「転職で必要になり困っている」
「スマホはあるけどパソコンが古くて不安だ」
「広告やLINEからの集客を得たい」
「仕事でグラフや資料制作を思うように作れない」
「プログラミングを学習して副業したいけど不安だ」
「副業をはじめたが、いっこうに成果がでない」
「退職してノートパソコンだけで収入を得たい」
「何がわからないかわからない状態が続き何度も挫折した」
「在宅で稼げるようになりたい」
「副業で収入を得たい」

そんなお悩みのあなたにこそ
取得して頂きたい内容です!

このメディアを運営している制作・プログラミング相談のプロが
全て無料で相談と学習できるように
無料スクールのメルマガ講座を開設しました。

いまなら、先着300部限定で無料プレゼント付です。

今すぐ無料ダウンロードする

サービス紹介ページを作ってみよう

新しいページを追加するには

$ rails g controller 好きなコントローラー名(複数形)アクション名

で、すでに生成されている、ルーティングとコントローラーのファイルに
手動でコードを書き足します。

ユーザーからのリクエストを受けてから、ページが表示されるまでの流れは

  1. ルーティング
  2. コントローラー
  3. ビュー

という順番で処理が行われているので、手動でコードを書き足す場合も

  1. ルーティングを指定する
  2. controllerに該当するアクションを追記する
  3. アクションに対応するviewフォルダの作成

という順番で記述していきましょう。

次から、ひとつずつ解説していきます。

Ruby on Railsのルーティングとアクションとビュー

ルーティングは

ブラウザとコントローラを繋ぐ

という役割を担当していましたね。

わかりやすく言うと、ユーザーのリクエストに対して

どのコントローラのどのアクションを使って処理するのかを判断

し、適切なコントローラのアクションを呼び出します。

1:ルーティングを指定する

ルーティングを指定するとは、どういうことかというと

configのroutes.rbファイルに、URLと対応するアクションを記述すること

routes.rbファイルを開くと、すでに自動生成されたコードが記述されていますね。

そのコードの下に、新しく次のように追記します。

get "URL" => "コントローラ名#アクション名"
または省略形式で
get 'コントローラ名/アクション名'

例えば、「homes」というコントローラーに新しく「about」というページを増やしたい場合

get "about" => "homes#about"
または省略形式で
get 'homes/about'

のように記述すれば

「homes」というコントローラーの中の「about」というURLへリクエストを受けた時には「about」に指定されているアクションを実行する

という指定ができます。

2:controllerに該当するアクションを追記する

ルーティングの指定ができましたね。

次に、コントローラーに該当するアクションを記述します。

例えば、homesに追加するならコントローラーにある
app/controlllers/homes_controller.rb ファイルを開き

def  about
end

で、「about」のアクションを追加できます。

3:Views(ビュー)を追加する

ブラウザで表示するために、アクションに対応するviewフォルダが必要です。

viewフォルダに「html.erb」ファイルを新規作成しましょう。

Views(ビュー)新規ファイルの作成方法

  1. ファイルを作成したいフォルダの上で右クリックする
  2. メニューから「新規ファイル」をクリック
  3. ファイル名を入力する(例)about.html.erb

作成したビューに「HTML」を記述すれば、新しいウェブページが完成です。

Ruby on RailsでWebページを新しく追加しようまとめ

新しくwebページを追加したい場合は、すでに生成されている、ルーティングとコントローラーのファイルに手動でコードを書き足し、新規のビューファイルを作成します

  1. ルーティングを指定する
  2. controllerに該当するアクションを追記する
  3. アクションに対応するviewフォルダの作成

と覚えておきましょう。

この記事を書いた人

よこやま良平

よこやま良平

こんにちは!18年以上ITエンジニアとして活動してきた
よこやま良平です。

4歳~85歳まで、年間1,792人名以上の方に
パソコンやプログラミング講座を行ってきました。

また18冊以上の書籍を出版しており、連続で1位を獲得しました。
オンライン講座では200件以上のレビューを頂いており
評価は4.9/5.0と高評価を得ています。

その他これまでに3000以上のサービス・システム・サイトを作成。