Ruby on Rails投稿内容に変数を代入する方法 【初心者向け】

記事内にプロモーションリンクが含まれる場合があります。

Ruby on Railsは、規約通りに特定のコマンドを使用することで、スピーディにアプリ開発ができるフレームワークです。

前回は、Ruby on Railsで、コントローラーとアクションを使って、簡易的な投稿一覧ページを作成しました。

rails g controller コントローラー名(複数形) アクション名 

でしたね。

投稿内容の記述には「HTML」を使用しても、ブラウザで表示させることはできますが、このままではデータベースと接続できず、効率よく開発できる「Ruby on Rails」を使用する意味がなくなってしまいます。

そこで

  1. HTMLで書いた投稿内容を、変数に代入する
  2. Rubyコードとしてデータを実行、表示させる

方法を学んでいきましょう。

無料パソコンスクール講座
WordPress・SEO・プログラミング

あなたは以下のことで 悩んでないだろうか?

「フリーランスになりたいけど稼げるか不安だ」
「クラウドソーシングや営業して稼げるか不安だ」
「転職で必要になり困っている」
「スマホはあるけどパソコンが古くて不安だ」
「広告やLINEからの集客を得たい」
「仕事でグラフや資料制作を思うように作れない」
「プログラミングを学習して副業したいけど不安だ」
「副業をはじめたが、いっこうに成果がでない」
「退職してノートパソコンだけで収入を得たい」
「何がわからないかわからない状態が続き何度も挫折した」
「在宅で稼げるようになりたい」
「副業で収入を得たい」

そんなお悩みのあなたにこそ
取得して頂きたい内容です!

このメディアを運営している制作・プログラミング相談のプロが
全て無料で相談と学習できるように
無料スクールのメルマガ講座を開設しました。

いまなら、先着300部限定で無料プレゼント付です。

今すぐ無料ダウンロードする

Ruby on Railsで投稿内容に変数を代入しよう

HTMLで書いた投稿内容を、変数に代入してみましょう。

変数とは?

変数とは

文字や数値などの値を入れて置くための箱

のようなものです。

その箱には、入れるものの名前を「わかりやすく」つけておかないといけません。

その付けた名前を「変数名」とよびます。

変数を代入するとはどういうこと?

代入とは

変数名のついた箱の中に、入れておきたい文字や数値を「=」を使って入力すること

をいいます。

このように入力します。

(自分で決めた)変数名  = "値(入れておきたい文字や数値)"

Ruby on Railsで変数名を決める時、使う時の注意点

変数名は、自分の好きな名前をつけることができますが、何の値が入っているかわかりやすい名をつけましょう。

変数名を決める時、変数名を使うときの注意点をあげておきます。

  • 数字から始まる変数名はNG・・・エラーの原因になります
  • 変数名はローマ字や日本語ではなく、英単語が望ましいです
  • 変数名に英単語を2語以上を組み合わせたい場合は、「-」アンダーバーで繋げる決まりです
  • 変数名と「=」の間には「半角スペース」をあけること
  • 表示させたい文字列は、半角の「 ” 」クォーテーションで囲むこと

viewファイル内で変数を定義する

「index.html.erb」のような「erb」という形式のファイルでは、Rubyのコードを記述、実行することができます。

「erb」とは、「Embedded Ruby」の略で、埋め込みRubyという意味です。

埋め込みRubyの記述方法

下図のように、さきほど代入した変数を<% %>で囲むことで、ファイルの中にRubyのコードを記述することができます。

<% (自分で決めた)変数名 = "値(入れておきたい文字や数値)” %>

埋め込みRubyをブラウザに表示するには?

index.html.erbのような「erb」という形式のファイルでは

<%  %>で囲む

ことで、Rubyのコードを記述できますが、ブラウザに表示したい場合には、このように

<%=(自分で決めた)変数名 %>

と、<%= %>を使用します。

定義した文字列がブラウザに表示されると思います。

Ruby on Rails <% %>と<%= %>の違い

<% %>と<%= %>の違いは

  • <% %>・・・変数の定義に用いる
  • <%= %>・・・Rubyコードの実行、ブラウザに表示したい時に用いる

少しややこしいですが、しっかり覚えておきましょう。

Ruby on Rails投稿内容に変数を代入する方法まとめ

Ruby on Railsで採用されている埋め込みRubyによって「index.html.erb」のような「erb」という形式のファイルでは

  • <% %>
  • <%= %>

の中に記述されたものは、Rubyのコードとして実行されます。

例えば、HTMLで

<p>Ruby on Railsを勉強中</p>


と、記述していたものを、変数に代入。

<% test="Ruby on Railsを勉強中" %>

と値を定義すれば、その後

<%= test %>

と記述するだけで、ブラウザには「Ruby on Railsを勉強中」が表示されるということです。

変数は

  • 同じ要素を繰り返し使える
  • 似たようなコードを何度も書く必要がなくなる
  • 修正・変更に対応しやすい

といったメリットがあり、効率よく開発するためには欠かせないので、しっかり覚えておきましょう。 

 

この記事を書いた人

よこやま良平

よこやま良平

こんにちは!18年以上ITエンジニアとして活動してきた
よこやま良平です。

4歳~85歳まで、年間1,792人名以上の方に
パソコンやプログラミング講座を行ってきました。

また18冊以上の書籍を出版しており、連続で1位を獲得しました。
オンライン講座では200件以上のレビューを頂いており
評価は4.9/5.0と高評価を得ています。

その他これまでに3000以上のサービス・システム・サイトを作成。