[掲載日] (更新日) この記事は約 7 分で読めます

初心者がwordpressで稼ぐための勉強方法と手順

初心者がwordpressで稼ぐための勉強方法と手順

WordPressは

  • 無料で使える「テーマテンプレート」
  • 機能を拡張するための「プラグイン」

が豊富に用意されているので、それらを使えばプログラミングのコードを書かずに、ブログのような感覚で、簡単にwebサイトが作成できるソフトです。

WordPressが扱えるようになると

  1. WordPressを勉強してサイトを作成・運営して稼ぐ 
  2. クラウドソーシングで、WordPress案件を受注して稼ぐ

するなどした「副業」も可能になります。

時間や場所を選ばず、自分のライフスタイルに合わせて収入を得ることができるので、魅力的ですよね。

ただ、「Wordpressで稼ぐ」となると

  • 無料で使える「テーマテンプレート」と「プラグイン」

を扱えるだけでは無理です。

なぜなら

  • 必要な機能の実装
  • 既存のテンプレートを、アレンジ・カスタマイズ

するためには、ある程度コーディングスキルが必要だからです。

では、どの言語を、どのように勉強したらよいのでしょうか。

なるべく無駄な勉強は省き、最速で習得したいですよね。

今回は、Wordpressで稼げるようになるために、効率的な勉強方法を解説いたします。

Ruby on Railsのプログラミングを最短1ヶ月で習得
RailsHack講座では無料期間(全額返金保証)で安心のスクールです。
WEBアプリケーションが実際に作成できます。
» RailsHack講座の無料体験(全額返金保証)はこちら

初心者がWordpressで稼ぐにはカスタマイズ・コーディングが必要不可欠

WordPressは、用意されているテーマテンプレートやプラグインをそのまま使えば、それなりに見栄えのするサイトが作れますが

  • WordPressでサイトを作成・運営してアフィリエイトで稼ぐ
  • WordPressでサイトを作成して、自分の商品を売って稼ぐ
  • クラウドソーシングで、WordPress案件を受注して稼ぐ

など「稼ぐ」ことを考えたら、テンプレートをアレンジするために、コーディングスキルが必要です。

コーディングとは?

コーディングとは

  • HTMLのようなマークアップ言語
  • PHPのようなプログラミング言語

を使ってプログラミングのコードを書く作業のことです。

WordPressのカスタマイズに必要な言語とは?

WordPressで使用されているプログラミング言語は、この5つです。

  1. HTML・・・webページのテキスト・構造を決める
  2. CSS・・・レイアウト・デザインを決める
  3. PHP・・・サーバーサイドで使用される言語。カスタマイズには欠かせない
  4. JavaScript(JQuery)・・・動的コンテンツを作成する
  5. SQL・・・データベースとやり取りするときに使う言語

しかし、5つすべてを勉強する必要はありません。

WordPressのテンプレートを、アレンジ・カスタマイズするために勉強すべき言語は

  1. HTML
  2. CSS
  3. PHP

この3つです。

WordPressで稼ぐためのカスタマイズ勉強方法

テーマテンプレートをカスタマイズして、テキストやデザインを編集するために必要なのが「HTML」「CSS」「PHP」です。

  • HTML・・・テキスト・リンク・画像挿入など構造を決めるマークアップ言語
  • CSS・・・レイアウト・見た目をデザインするスタイルシート言語
  • PHP・・・サーバーサイドで使用されるプログラミング言語で、HTML に埋め込んで使える

この3つの言語は、初心者でも比較的取り組みやすい言語なのですが、本格的に学習するとなると、時間もかかりますし大変です。

そこで

  • 基礎的な知識
  • 使用頻度の多いタグ
  • 基本的な書き方

だけ、さらっと学習してしまいましょう。

暗記する必要もありません。

わからなければ、その都度調べながら書きましょう。

現役エンジニアだって、すべてを完璧に覚えているわけではないので大丈夫ですよ。

WordPressの勉強は動画学習が◎

プログラミング言語の学習というと、プログラミングスクールを思い浮かべる人もいるかもしれません。

最近は、web上で勉強できる環境が充実しているので、プログラミングスクールに通わず、独学で習得する人も多いです。

独学だと挫折するかもしれない・・・

と不安な人もいるかもしれませんが、時間を必死にやりくりし、高い費用を払ってプログラミングスクールに通っても、通った・・・というだけで思うように習得できずに終わってしまう人もいます。

まずは「動画」で学ぶのがコスパ的にもおすすめです。

動画学習のメリット

  • ネット環境があれば、時間や場所を選ばず学べる
  • 隙間時間を有効活用できる
  • 動画だとわかりやすい 
  • 停止できたり、繰り返し見て学習できる

動画学習の最大のメリットは、やはり「わかりやすさ」

操作方法は、文字で読むより、説明と一緒に講師の手元(実際の操作方法)を見ることができるので、特に初心者にはわかりやすいと思います。

  1. 1周目は、動画をさらっと見て全体を掴む
  2. 2週目は、真似をしながら実際にコードを書いてみる

という学習方法が上達のコツです。

動画を見て頭で理解(インプット)するだけではなく、実際にコードを書く(アウトプット)学習を心がけましょう。

WordPress学習にオススメのサイト

WordPressやプログラミングを学べるwebサービスは多くありますが、今回は、その中でも初心者に人気がある大手3社を紹介いたします。

WordPress講座なら「Udemy」がオススメ

WordPressを学ぶなら、Wordpressの入門講座も豊富にあるUdemy(ユーデミー)がオススメ。 

Udemy(ユーデミー)は、世界最大級のオンライン動画学習サービス(130000のコース)で、日本では、Benesseと提携しています。

Udemyの特長

  • 学習期限なし、買い切りなのでいつでも見ることができる
  • 動画の質が高く、わかりやすい
  • オフラインでも見ることができるので、隙間学習に最適
  • わからないことは、講師に質問できるので挫折しにくい
  • 講座は有料だが、セールを頻繁に行うのでお得に購入できる

教えたい人(現役エンジニア)が講座を開設する⇒学びたい人が購入するという仕組みなので、講師の数も講座の数も生徒数もどんどん増えています。

常に最新の技術が学べるほか、自分に合った講師を選ぶことができる点も魅力です。

テンポよくゲーム感覚で学ぶなら「Progate」がオススメ

WordPressで使用する「HTML」「CSS」「PHP」などプログラミング言語の基礎を学ぶならProgate(プロゲート)がオススメ。

Progateの特長

  • わかりやすいスライド形式の講座
  • スライドを見る⇒レッスンで実際にコードを書くという流れ
  • レッスンをこなすとレベルが上がり、ゲーム感覚で学べる
  • 「初級編」「基礎編」は、無料で受講できる

Progateは、インプットとアウトプットが同時にできる点が魅力です。

無料会員は「初級編」「基礎編」の受講が可能。

有料会員(月額980円)になると、全ての講座を受講できます。

基礎をひととおり学ぶなら「ドットインストール」がオススメ

ドットインストールは「HTML」「CSS」「PHP」などプログラミング言語はもちろん

  • エディタを使いこなそう
  • サーバー環境を作れるようになろう
  • データベースを学ぼう
  • ウェブサービスを作れるようになろう
  • ゲームを作ってみよう

など様々な入門コースが揃っています。

WordPressの入門講座もあるのですが、情報が古く(6年前)、サポートが終了しているので、Wordpress講座なら、やはりUdemyが良いと思います。

ドットインストールの特長

  • すべての動画が3分なので、隙間時間に気軽に学べる
  • コースが豊富…440レッスン。6,605本の動画
  • 基礎は無料で学べる

有料のプレミアム会員(月額1080円)は、すべての講座が視聴可能になるほか、ソースコードを見ることができる、講師に質問ができるというメリットがあります。

初心者がWordpressで稼ぐなら運営しながら学ぶ

基礎を学ぶことは学んだが、まだよく理解しきれていない…という場合でも、まずは

WordPressを使ってみる・いじってみる

ことが大切です。

実際に「やってみる」ことで理解が深まるからです。

WordPress専用のローカル環境で試す

ローカル環境とは、ウェブサーバーではなく、自分のパソコン内に仮のサーバーを作り、オフラインで作業できる環境のことです。

WordPress専用のローカル環境を構築すれば

  • どんな失敗をしても公開されないので誰に見られることもない
  • 様々な機能や、豊富なテーマテンプレートを試すことができる
  • エラーを恐れずに、カスタマイズを試すことができる

ので、Wordpressの学習にも最適です。

ある程度使いこなせるようになったら、次は

本番環境で実際に自分のブログやサイトを運営

してみましょう。

本番環境には、レンタルサーバー(有料)やドメインの取得が必要になりますが

  • WordPressをやってみる
  • わからないことは、その都度調べたり講師に聞いたりして解決していく

そうすることで自信もつき、Wordpressで稼ぐために必要な実践的なスキルを身につけることができますよ。

初心者がwordpressで稼ぐための勉強方法と手順まとめ

WordPressは、プログラミングがわからなくても、コードが書けなくても、それなりに見栄えのするサイトを作れる便利なソフトです。

ただ

  • WordPressを仕事で使う
  • WordPressで稼ぐ

となると、プログラミングスキルが必要です。

動画講座で

  1. HTML
  2. CSS
  3. PHP

を勉強し、Wordpressのカスタマイズに挑戦してみましょう。

WordPressのカスタマイズができるようになれば

  • webページの作成
  • ランディングページの作成
  • wordpressの構築
  • 既存サイトのカスタマイズやプラグインの追加
  • 既存サイトをWordpressに移行する

といった仕事を受注できる日も近いですよ。

挫折しそうなプログラミングなら動画講座。30日間全額返金保証