[掲載日] (更新日) この記事は約 9 分で読めます

プログラミング独学後どうやって稼ぐか?成功の3ステップ

独学で勉強したが、どうやって稼ぐか・営業すればいいかわからない人の成功の3ステップ【稼ぐ勉強 実践編】

プログラミング独学や動画学習などで、技術は身に付いたが

  • プログラミング独学後に収入をどうやって稼ぐか不安だ
  • どうやって営業していいかわからない
  • プログラミング学習した後、どうやって稼ぐかわからない

などで悩んでないだろうか?

もし、既に営業先もあり、稼げるようになる目途が立っているなら、
この記事は意味が無いのですぐに閉じて別の記事を見ることをおすすめします。

  • しかし、技術はついたけど、プログラミング独学後に収入上げられるか不安なら

この記事はお役に立てると思います。
ボクもプログラミングで稼げるようになりました。

 15年以上、プログラミングで収益を上げてきた「ウェブのよこやま」です。 すでに法人化しているので会社の代表をしていますが、 
現役のITエンジニアをしながら動画講義などもしています。

その観点からも初心者に分かりやすく稼げるようになる解説ができると思います。

解説する前に

  • 「80万」

この数字を覚えて欲しい。

目次

プログラミング独学後にどうやって稼ぐのか?

今日はこの記事を覚えてもらえれば、悩みが解決するので 明日からあなたの人生が変わるのが想像できると思います。

結論から言うと

  • 自分のサービスを作れ
  • ランディングページを作れ

ってことです。

「は?」と思ったあなた。正しい感情ですので大丈夫です。詳しく解説するので安心してください。

まずは、ランディングページから簡単に説明。

ランディングページとは何か

ランディングページとは何かと簡単に説明すると、 商品やサービスってありますよね?

例えば

  • ものならダイエット食とか
  • サービスならホームページ作成サービス

とか。 その商品サービスを売る為のページを作成します。

  • まだ3ヶ月しか勉強してないし、そもそも商品なんて無いよ?

そう思いましたか?
あなたは、あなたが凄いってことを なんにんもわかってない。

プログラミング独学後の学習300時間 で稼ぐ事ができる自分の商品・サービス

プログラミングの独学が順調なら、あなたは300時間以上頑張ったんだ。
頑張った成果で作成できるものは

  1. ウェブ制作サービス
  2. コーディング代行
  3. WordPressのカスタマイズ
  4. WordPress設置代行
  5. 静的HTMLをWordpressに置き換える作業
  6. 画像切り抜き代行
  7. 翻訳代行サービス
  8. WordPressプラグイン作成サービス

簡単に説明すると

1:独学後ウェブ制作サービスで稼ぐ

ホームページなどを作るサービス 。これは疲弊するが、手っ取り早い 。

2:コーディング代行で稼ぐ

クライアントから提出されたデザインからHTMLへ落とし込む作業だ。もうすでにデザインが出来上がっていて、それをHTML化してホームページで表示できるようにするサービス。

3:Wordpress (ワードプレス) のカスタマイズで稼ぐ

CMSのワードプレスをカスタマイズするサービス。 カスタマイズの方法は依頼内容によってたくさんある。

4:Wordpress設置・公開代行 で稼ぐ

法人には意外に多い。Wordpress(ワードプレス)が設置できないクライアントのために代行を行うサービスだ

5:静的HTMLをWordpressに置き換える作業で稼ぐ

すでにお手持ちのホームページをWordpress(ワードプレス)のCMSへ置き換える作業だ。これも法人に多い。

6:画像切り抜き代行

人物画像の切り抜き、商品画像の切り抜きサービスだ。Photshopが無くてもなんとできる。ソフトはいらないんだ。これも法人に多い。

7:翻訳代行サービス

これは一見プログラミングとは関係無さそうだけど、ホームページを作るうえでわりと需要が多い。

中国語変換、韓国語変換、英語変換など逆もある。 これも法人向けに多いし、営業しやすい。

8:Wordpress(ワードプレス)プラグイン作成サービス で稼ぐ

クライアントが求めるプラグインを作成するサービスだ。1から作成する必要はない。 作成方法は需要があれば概要欄にまとめておきます。

あなたは すでに、
これだけのサービスや商品を持っているんだ。 ここに書いてないことでも商品化できるんだ。

つまり、 ものの見方で商品が作れるんだ。 RubyやPHPを頑張ったなら、ブログサービスぐらいは作れるだろう。 もうこれらは商品でありサービスだ。

ソーシャルワークで稼ぐ方法

わたしが聞きたいのは、プログラミングを独学後にランサーズとかクラウドワークスとかで稼ぐ方法を聞きたいんだ。

  • ソーシャルワークで稼ぐ方法を教えてくれよと。

じゃぁ聞くけど、あなたは何ができるか? って言われたすぐに答えれない。すぐに答えられないってことは、自分が出来る(または現時点で得意な)

  • サービス
  • 商品

が無いってこと。

商品、サービスがないってことは相手に対して売れるものがないってこと。競合のあの人はすでに自分に何ができるのかすぐに答えられる。

会社員のようにみんなで一緒に分かち合うんじゃない。取り合いだ。

ソーシャルワークなのに商品やサービスが必要のわけ

あなたが、

  • 「3ヶ月ぐらいプログラミングを勉強したのできると思います」

って自信なさげに言っている間に
ライバルの彼が、

  • 「細かいコーディングから内部SEOまで全部やりますので、お任せください!」

ってはっきり自分の商品(強み)を言ったら、どっちに任せるか?
つまりそういうこと。

だから、

  • ランディングページで販売するにしろ
  • クラウドソーシングで営業するにしろ

あなたの商品・サービスが必要なわけ。

だからプログラミング独学後は自分の商品やサービスが必要になる。

プログラミング独学でどうやって稼ぐか3つのステップを解説

プログラミング独学後に稼ぐ1:プログラミングサービスや商品をきめる

プログラミング学習してからどうやって稼ぐのかを決めるために、まずは、 自分ができるものの中で好きな商品、サービスを決める。

プログラミング独学後に稼ぐ2:自分のスキルを売るためのランディングページを作成する

商品が決まったら、ランディングページを作成する 。あなたはこのランディングページで1500万円以上の収入をあげられるんだ。

具体的な数字を聞いて、 少しは眠気も冷めたと思う。ランディングページ作成方法を後ほど解説。

プログラミング独学後に稼ぐ3:プログラミングスキル・商品を販売する

  • 自分の商品も決まった
  • 宣伝用ページも作成できた
  • あとは販売するだけ

販売方法はいくつもあるので、後ほど解説。

ランディングページはどうやって作るかを解説

実際にランディングページはどうやって作るのかを解説したいと思う。
詳しくはこちらにまとめた。

売れるランディングページのベース構造はこれだ

  1. アイキャッチ
  2. CTA
  3. 問題悩み
  4. 権威
  5. ベネフィット
  6. 商品サービス
  7. キャンペーン
  8. お客様の声
  9. 流れ
  10. よくある質問
  11. CTA

1.アイキャッチ

アイキャッチ、ファーストビューともいう 。ランディングページでの最重要部分だ。この部分で離脱されるかそうじゃないかが決まる。

2.CTA

ちょっと説明したけど、コールトゥアクションの略。

具体的にやって欲しい行動のこと。 よくあるパーツとしては

  • 申し込み
  • 電話
  • メール
  • 購入

などが該当。

余談だが、ボタンの色は

  • オレンジ

マーケティングで実証されているから これ以外の色にするな。

反応率、問い合わせ率が落ちるぞ。

3.問題悩み

これは、あなたが売りたい相手の悩みだ。 プログラミングやコーディングなら、これらができない お客さんの悩みだね。

  • ダイエット商品なら痩せたい、きれいになりたいとか
  • プログラミングなら、カスタマイズしたい
  • この部分を修正したい

などが該当。

4.権威

権威とは、実績に基づく証明みたいなものだね。 医者、弁護士とかわかりやすい権威だ。

権威が無い場合は、実績がいい。

さっきの例えだと

  • コーディングを連続で300時間を最短で達成

という肩書ができる。

5.ベネフィット

これは

  • あなたからこの商品サービスを買ったら相手はどんなメリットがあるか

を具体的に示す。 3~10個ぐらいがいい。

6.商品サービス

このページであなたが提供できるまたは提供する商品やサービスを記載する。

7.キャンペーン

ここはカットしてもよい。

ただし

  • 問い合わせ率
  • 反応率

を上げるためには入れたほうが良い。

具体的には

  • 期間限定キャンペーン
  • ○月○日まで10,000円割引
  • 先着10社15,000円で引き受け

こういう事だ。

8.お客様の声

これは、実際にあなたの商品やサービスを使った人の言葉。 純粋に集めるしかないけど、

無い場合は

  • 身近な人に試してもらって感想を言ってもらうといい

9.流れ

これはあなたの商品、サービスを買うためにはどうしたら いいのかを記載する。

  • 買うためにどうするか
  • お金はいつ払うのか
  • いつ完成または商品が届くのか

この辺を記載することで対応コストや不安を減らす役割がある。

10.よくある質問

運営しながら、増やしていけばいいが はじめは無いので、想定される質問と回答をあらかじめ 書いておくのが親切。

  • 対応コストを下げられるのでコスパ的にも良い

11.CTA

これは最後のCTA。

具体的には

  • 問い合わせフォーム
  • アクションを促すボタン

を挿入すれば完成。ボタンならはじめに入れたCTAをそのまま使えばいい。

この構造を見本にして制作するだけでいい。 しかも使いまわしがきくのでコスパ最強だ。 確実に収入を上げられる。

Udemyプログラミング動画講座。30日間返金保証付き
こういうボタンや画像がCTA(コール・トゥ・アクション)

プログラミング独学後にあなたの商品・サービスの販売方法

販売方法はいくつもあるので、解説

  1. クラウドソーシングで誘導する
  2. Twitter、LINE、Facebookで誘導する
  3. ブログで誘導する
  4. Google広告で誘導する

この方法が手短にできる。

クラウドソーシングは

先ほども説明した、ランサーズやクラウドワークスで宣伝する方法だ。これはライバルに勝ち案件をゲットするテクニックがあるので、機会を見て講義したい。

Twitter、LINE、Facebookで誘導する

これはSNSだね。SNSで配信して誘導していくスタイルだ。これも誘導するテクニックがあるから、おりをみて講義したい。

ブログで誘導する

これは説明する必要はないぐらいメジャーだね。自分のブログを立ち上げて、そこで宣伝する方法。

有名ブロガーさんやアフィリエイターさんはこの方法が多いね。

Google広告で誘導する

これはもうランディングページと言えばGoogle広告ってぐらい 切っても切れない縁だ。実際はPPC広告っていうんだけけど。

これだけあれば、十分なんだけど、これには大きな問題があって

  • 大なり小なりのお金がかかるってこと

こわいよね。
まだ収入は言ってないので、お金かかるなんて。

この講義をまともにすると1時間ぐらいかかるので、今回は都合上カットします。

さきほどの数字が何だったか覚えているだろうか?

そう「80万」だ。

この80万が何かと言うと、

  • あなたが今手に入れた価値だ

80万円の価値を手に入れた。 別の言い方をすれば

  • 80万円の費用が浮いたのである

逆に 、ここまで見なかったライバルの彼は80万円損したのと同じだ。

  • 「そんな馬鹿な。 この記事を見ただけでそんな価値があるわけがない」

そう思っただろうか?

実際にマーケティング会社に依頼すると

1ヶ月あたり部長級の給料がかかる。

さらに

  1. 月額費用
  2. サイト制作費
  3. 広告制作費用
  4. 広告費用の10~20%

だ。 信じられないなら、ネットにたくさんあるので 実際に依頼してみるといい。

たしかに、誰だか分らん人の講義を見ただけならそんな価値はない。

だが、どうだろう?

  1. 15年のキャリアがあって
  2. 現役のITエンジニアで
  3. 営業のスペシャリストで
  4. 経営者であって
  5. マーケティングにも詳しい

人のからの講義を受ける場合は、
どれぐらいの価値や時間短縮になるだろうか?

あなたの身近にいるなら聞いてみるといい。
つまりそういうことだ。

動画で見るプログラミング独学後どうやって稼ぐか?成功の3ステップ

挫折しそうなプログラミングなら動画講座。30日間全額返金保証