[掲載日] (更新日) この記事は約 1 分で読めます

railsサーバー起動時に初期の3000以外のポート番号を使いたい時

railsサーバー起動時に初期の3000以外のポート番号を使いたい時

「railsサーバー起動時に初期の3000以外のポート番号を使いたい時は?」と質問を頂いたので回答します。

Ruby on RailsのRailsサーバーであれば簡単に解決できます。

通常Railsサーバーを立ち上げるコマンドは

$ rails s -b 192.168.31.21

IPアドレス部分はあなたのIPアドレスに変更してください。

これだけでサーバーが立ち上がるので

$ rails s -b 192.168.31.21 -p 8080

IPアドレスの後ろの方に

-p 8080

と入れれば

http://あなたのIPアドレス:8080

でアクセス出来る様になります。

8080のポートにしたのははじめから空いているから

他のポートにしたい場合は、ポートを開放しないといけないので難易度が上がります。

無料プログラミングスクールで勉強しませんか?

これを読んでいるあなたは、

  • プログラミング学習をしたいけど不安だ
  • フリーランスになるのにプログラミングを勉強したい
  • まわりに教えてくれる人がいなくて不安だ
  • 本で学習したけど、まったく本の様に出来なかった
  • スキルアップして転職したいが不安だ

そんなお悩みはないだろうか?

このメディアを運営しているパソコン相談のプロが
全て無料で相談と学習できるように無料プログラミングスクールのメルマガ講座を開設しました。

いまなら、3大特典プレゼント付きです。

今すぐ無料で相談・学習する

Railsサーバーで別のポート番号を使いたいまとめ

と言うことで、別のポート番号を使いたい場合は

-p 8080

と入れればOK

$ rails s -b 192.168.31.21 -p 8080

こんな感じになっていれば8080のポートで表示できます。

あなたは以下のことで悩んでないだろうか?

あなたは以下のことで悩んでないだろうか?
「Ruby on Railsの勉強で使いこなせなくて困っている」
「近い将来に向けてスキルアップし収入を増やしたい人」
「エンジニアとして働きたい、転職したい」

そんなお悩みなら
あなたのお役に立てます。