[掲載日] (更新日) この記事は約 4 分で読めます

ゲーム実況Switchとパソコンとキャプチャーボードの接続方法

ゲーム実況のSwitchとパソコンとキャプチャーボードの接続方法

switchでゲーム実況するのに、最低限必要な機材が

  • パソコン
  • キャプチャーボード

です。

声を入れる場合は、USBマイクや、コンデンサーマイクなども購入しなければなりませんが

とりあえずゲーム画面だけでも配信したい!

という場合は、パソコンとキャプチャーボード、この2つがあれば、すぐにでも始められます。

ゲーム配信の作業の手順は、どのゲームでも同じ。

  1. ゲーム画面の録画
  2. ゲーム画面の編集
  3. 投稿・配信

という流れです。

キャプチャーボードは、switchのゲーム画面をパソコンに出力し、録画するために必要な機材で、一般的な価格は2万円前後。

ライブ配信したい場合は、配信ソフトも必要になりますが、こちらは無料ソフトも充実しています。

今回は特に、初心者がつまずきやすいポイント

switch+パソコン+キャプチャーボードの接続方法

を重点的に解説していきたいと思います。

Ruby on Railsのプログラミングを最短1ヶ月で習得
RailsHack講座では13日間の無料期間(全額返金保証)で安心のスクールです。
WEBアプリケーションが実際に作成できます。
» RailsHack講座の13日間の無料体験(全額返金保証)はこちら

switch+パソコン+キャプチャーボードの接続方法

switchとパソコンの間に、キャプチャーボードを挟む形でつなぎます。

  1. switchをドックに差し込みテレビモードにする
  2. switchのドックとキャプチャーボードをHDMIケーブルで接続
  3. キャプチャーボードとパソコンをUSBケーブルで接続 
  4. USBマイクを付ける場合は、パソコンに接続
  5. パソコンにゲーム画面が映ったらドックからswitch本体を取り出し携帯モードでプレイ 

switchとキャプチャーボード接続時に間違いやすいポイント

switchとパソコンを直接繋いでしまうのはNG

SwitchとPCの直接接続はNG
SwitchとPCの直接接続はNG

Switchには、 HDMI端子もUSB端子も付いているので、キャプチャーボードを介さずに、

  • switchとパソコンを直接HDMIケーブルで接続
  • switchとパソコンを直接USBケーブルで接続

すれば、映るのでは?と考えてしまいがちですが、それは間違いです。

なぜかというと、HDMI端子には

  • 出力用端子
  • 入力用端子

の2種類があり、PCのHDMIは出力用、そしてSwitchのHDMIも出力用です。

出力同士を接続しても、何も起こりません。

また、同じようにSwitchとPCをUSB端子で接続しても、ゲーム画面をPCに映すことはできません。

理由は、SwitchのUSB端子ではできることが限られているからです。

SwitchのUSB端子でできること

  • Switch本体の充電
  • Joy-Con充電グリップの接続と充電
  • Nintendo Switch Proコントローラーの接続と充電
  • Proコントローラー(プロコン)の有線接続と充電
  • 有線LANアダプターの接続

そのため、switchとキャプチャーボードはHDMIケーブルで、キャプチャーボードとパソコンはUSBケーブルで繋いでください。

ドック接続できている?

普段携帯モードで遊んでいる人がうっかりやってしまいがちな間違いです。

まず、Switchはドックに装着して、テレビモードにする必要があります。

ドックにHDMI端子がついているからです。

イヤホンは抜いておくこと

Switch本体に、イヤホンを付けている場合は、外しておきましょう。

外しておかないと、ゲーム音がパソコン側から出ないので、音が配信できません。

Switch Liteは接続できない

キャプチャーボードを使えば、Switch Liteでもパソコンに画面を映してゲーム実況できるのでは?と思うかもしれません。

しかし、、Switch Liteの本体には、映像出力機能が備わっていないため、残念ながらできません。

キャプチャーボードの選び方

キャプチャーボードの種類
キャプチャーボードの種類

キャプチャーボードにも、様々な種類があり、初心者では迷ってしまうと思います。

製品によって

  • 接続できるゲーム機
  • 対応OS

が異なるので、この2点だけは最低限チェックしましょう。

ちなみに、ゲーム実況者に定番のキャプチャーボードは

  • ゲーム実況向けの機能が豊富
  • タイムラグが少ない

「HD60 S」です。

迷ってしまったときは、コチラを選べば問題ないでしょう。

ゲーム実況Switchとパソコンとキャプチャーボードの接続方法まとめ

ゲーム実況動画の配信をするなら、パソコン使用が前提です。

パソコンは、ノートでもデスクトップでもかまいませんが、オススメはゲームプレイに特化した「ゲーミングPC」です。

パソコン、キャプチャーボード以外に、ゲーム実況に必要なものが

  • キャプチャーソフト(録画ソフト)
  • 動画編集ソフト
  • 配信ソフト
  • マイク

です。

キャプチャーソフトは、キャプチャーボードを購入すれば、メーカーのサイトから無料でダウンロードできます。

動画編集ソフトも、配信ソフトも、無料で機能が豊富なものがそろっていますよ。

声を入れる場合は、マイクも必要ですが、それなりに良いマイクを購入しないと、聞きづらい実況になってしまいます。

出費を抑えたい初心者さんは、まずは練習がてら声を入れない動画実況から始めてみるのもいいと思いますよ。

挫折しそうなプログラミングなら動画講座。30日間全額返金保証