[掲載日] (更新日) この記事は約 5 分で読めます

ゲーム実況のPS4とパソコンとキャプチャーボードの接続方法

PS4とパソコンとキャプチャーボードの接続方法

PS4でゲーム実況をする場合は

  1. PS4のゲーム画面をPCに映し、PCで録画する
  2. 録画してできた動画をPCで編集する
  3. その動画をPCから投稿する

という流れで、最低限必要になる機材が

  • パソコン
  • キャプチャーボード

です。

声を入れる場合は、USBマイクや、コンデンサーマイクの購入も考えましょう。

ライブ配信したい場合は「配信ソフト」が必要になりますが、無料ソフトもあるので初心者のうちは、それで十分です。

今回は特に、初心者がつまずきやすいポイントのひとつである

  • キャプチャーボード
  • PS4+パソコン+キャプチャーボードの接続方法

について詳しく解説していきたいと思います。

Ruby on Railsのプログラミングを最短1ヶ月で習得
RailsHack講座では13日間の無料期間(全額返金保証)で安心のスクールです。
WEBアプリケーションが実際に作成できます。
» RailsHack講座の13日間の無料体験(全額返金保証)はこちら

PS4、パソコン、キャプチャーボードの接続方法

キャプチャーボードの接続方法

初心者が最もつまずきやすいポイントが

PS4+パソコン+キャプチャーボードの接続

接続方法は、ゲーム機とパソコンの間に、キャプチャーボードをはさむ形で接続すればOKなのですが、間違えやすいので、しっかり確認しながら行いましょう。

  1. キャプチャーボードのIN部分と、PS4をHDMIケーブルで接続
  2. キャプチャーボードとパソコンを、USBケーブルで接続

USBマイクを使用する場合は、パソコンに接続します。

キャプチャーボードとは?

キャプチャーボードとは、簡単に言うと

ゲーム画面をパソコンに映し出すための機器のことです。

PS4の場合は、パソコンがなくてもPS4本体の機能で、最低限のゲーム実況はできます。

では、なぜ、キャプチャーボードを購入してまで、わざわざゲーム画面をパソコンに出力する必要があるのかというと…

その方が、高画質・高音質のゲーム実況動画を作れるからです。

じゃぁ、直接、PS4とパソコンを繋げばいいのでは?と考える人もいるかもしれませんが

PS4とパソコンは直接、接続することができないので、キャプチャーボードは必須です。

キャプチャーソフト(録画ソフト)のインストールも忘れずに

キャプチャーソフトは、パソコンにゲーム画面を映しだし、それを録画するソフトのことで、声やテキストの入力などもできます。

多くの場合、キャプチャーボードを購入すれば、メーカーのサイトでダウンロードすることができます。

キャプチャーボードの種類

キャプチャーボードの種類
キャプチャーボードの種類

キャプチャーボードには

  • 内蔵タイプ…デスクトップ型パソコンの内部に取り付ける
  • 外付けタイプ…ノートパソコンでも使用OK、ケーブルで簡単に接続できる

の2種類あり、さらにキャプチャーボードのエンコード(動画データの圧縮作業)には

  • ソフトウェア方式…エンコードをパソコン側で行う
  • ハードウェア方式…エンコードをキャプチャーボード側で行う

があります。

内蔵タイプは、ケーブル類が不要で、見た目もすっきり、安定性も高いのですが、内部に取り付けるため、それなりにパソコンの知識や技術が必要になります。

外付けタイプは、配線やキャプチャーボードで、パソコン周りがごちゃごちゃしてしまうのですが、接続が簡単なので初心者にはこちらのタイプがおすすめです。

エンコード方式については、

  • ソフトウェア…パソコンにかかる負担は大きいが、遅延は少ない
  • ハードウェア…パソコンへの負担が少なく、スペックの低いパソコンでも利用OK。ソフトウェアと比較すると遅延が大きい

といった特徴があるのですが、最近のキャプチャーボードは、エンコードはそれほど気にしなくてもいいレベルになっています。

キャプチャーボードの選び方

外付けタイプのキャプチャーボードを選ぶ時には

  1. 接続端子の種類
  2. 対応できるゲーム機の種類
  3. パススルー機能・・・あると遅延対策が可能
  4. 対応解像度

など、チェックするポイントは様々ありますが、最近は

  • 解像度・・・1080p/60fps
  • USB 3.0接続
  • パススルー機能あり

と最新の技術を取り入れたものが、主流になってきているので

  • 最新ゲーム機を接続できるHDMI端子を搭載しているもの
  • 対応OS

をチェックするとよいでしょう。 

迷ってしまったら、定番の「HD60 S」がオススメです。

対応OS 対応ゲーム機
HD60 SWindows 10 (64-bit)
MacOS Sierra 10.12 以降
PS4/Switch/Wii U/Xbox One/ Xbox 360/ios
GC550 PLUSWindows 10(64-bit)PS4 / PS4 Pro / Switch / iPhone
HSV321Mac、Windows10 / 8/7、LinuxPS4 / Switch
GV-USB3/HD WindowsPS4 / Switch

配信ソフトOBSの種類

配信ソフトOBSの種類
配信ソフトOBSの種類

配信ソフトは

  • YouTube
  • ニコ生
  • ツイキャス
  • Twitch

など、ライブ配信するために欠かせないソフトです。

OBS Studio(64Bit)

OBS
OBS

OBSは、世界中で使われている定番の配信ソフト。

  • 完全無料配信ソフト 
  • ライブ配信のための基本的な機能は全て備わっている 
  • メジャーな動画配信サイトのほとんどに対応している

無料であるにもかかわらず多機能なので、いちばん最初に使う配信ソフトとして最適です。

StreamLabs OBS

StreamLabs OBS
StreamLabs OBS

Streamlabs OBSは、OBSをベースに開発された配信ソフト。

  • 様々なウィジェットを追加することができる
  • 配信画面上にコメント・チャットを表示できる
  • チャンネル登録された時に、フォロー通知を表示させることができる
  • エンドロール表示ができる
  • 無料のオーバーレイが用意されており、配信画面をカスタマイズできる

といった特徴があり、配信の演出にこだわりたい人に向いています。WIndows(64bitOSのみ対応)している点に注意!

ゲーム実況のPS4とパソコンとキャプチャーボードの接続方法まとめ

より質の良いゲーム実況動画を配信したい場合、パソコンとキャプチャーボードは必須です。

PS4でゲーム実況したい場合は、HDMI端子に対応しているキャプチャーボードを選びましょう。

定番のキャプチャボード「HD60S」は

  • 無料
  • ゲーム実況向けの機能が豊富
  • タイムラグが少ない

のでゲーム実況者に人気の製品です。

接続の仕方は

  1. キャプチャーボードのIN部分と、PS4をHDMIケーブルで接続
  2. キャプチャーボードとパソコンを、USBケーブルで接続

と、簡単なのですが、つまずきやすいポイントでもあるので注意してくださいね。

キャプチャーボードは、少なからず遅延が発生してしまうもの。

気になる場合は、パススルー機能を使用することで回避できますよ。

挫折しそうなプログラミングなら動画講座。30日間全額返金保証