[掲載日] (更新日) この記事は約 2 分で読めます

HerokuでError: Multiple apps in git remotesとエラーが出る場合の対処方法

HerokuでError_Multiple_apps_in_git_remotesとエラーが出る場合の対処方法

Herokuにデプロイして

Error: Multiple apps in git remotes

こんなエラーになったことはないだろうか?

このエラーは簡単に直るので安心して欲しい。

ますはエラーの確認から

無料プログラミングスクールで勉強しませんか?

これを読んでいるあなたは、

  • プログラミング学習をしたいけど不安だ
  • フリーランスになるのにプログラミングを勉強したい
  • まわりに教えてくれる人がいなくて不安だ
  • 本で学習したけど、まったく本の様に出来なかった
  • スキルアップして転職したいが不安だ

そんなお悩みはないだろうか?

このメディアを運営しているパソコン相談のプロが
全て無料で相談と学習できるように無料プログラミングスクールのメルマガ講座を開設しました。

いまなら、3大特典プレゼント付きです。

今すぐ無料で相談・学習する

Herokuのエラー内容 Error: Multiple apps in git remotes

$ heroku config:set SENDGRID_USERNAME=xxxxxxx@heroku.com
 ›   Warning: heroku update available from 7.47.6 to 7.47.12.
 ›   Error: Multiple apps in git remotes
 ›     Usage: --remote heroku-18
 ›        or: --app xxxxx-xxxxx-10291
 ›     Your local git repository has more than 1 app referenced in git remotes.
 ›     Because of this, we can't determine which app you want to run this command against.
 ›     Specify the app you want with --app or --remote.
 ›     Heroku remotes in repo:
 ›     xxxxxxx (heroku)
 ›   xxxxx-xxxxx-10291 (heroku-18)

こんなエラーが出た場合

  • 2つのGitを使っている

という警告エラーです。

このエラーを対処するコマンドはこうなります。

どんな名前のものがGitに上がっているのかを確認するコマンド

$ git remote -v

git remote -v で調べてから

次のコマンドで不要な方を削除する

不要な Gitを削除するコマンド

$ git remote rm 名前

名前 と記載した部分は git remote -vで調べた名前を入力します。

xxxxx-xxxxx-10291
heroku-18

のどちらか消したい方を入れる

最終的にxxxxx-xxxxx-10291を削除したいなら

$ git remote rm xxxxx-xxxxx-10291

このコマンドを入力すれば大丈夫です。
これでいつも通りPush出来るので安心ですね。

Error: Multiple apps in git remotesで困ったらまとめ

$ git remote -v
$ git remote rm 名前

これだけでError: Multiple apps in git remotes エラーは直るので安心ですね。

あなたは以下のことで悩んでないだろうか?

あなたは以下のことで悩んでないだろうか?
「Ruby on Railsの勉強で使いこなせなくて困っている」
「近い将来に向けてスキルアップし収入を増やしたい人」
「エンジニアとして働きたい、転職したい」

そんなお悩みなら
あなたのお役に立てます。