WSL2を初期化または初期インストールで使う手順からUbuntu・SSH導入まで

記事内にプロモーションリンクが含まれる場合があります。

WSLを使うときにハマるポイントと忘れてる部分を解説

無料パソコンスクール講座
WordPress・SEO・プログラミング

あなたは以下のことで 悩んでないだろうか?

「フリーランスになりたいけど稼げるか不安だ」
「クラウドソーシングや営業して稼げるか不安だ」
「転職で必要になり困っている」
「スマホはあるけどパソコンが古くて不安だ」
「広告やLINEからの集客を得たい」
「仕事でグラフや資料制作を思うように作れない」
「プログラミングを学習して副業したいけど不安だ」
「副業をはじめたが、いっこうに成果がでない」
「退職してノートパソコンだけで収入を得たい」
「何がわからないかわからない状態が続き何度も挫折した」
「在宅で稼げるようになりたい」
「副業で収入を得たい」

そんなお悩みのあなたにこそ
取得して頂きたい内容です!

このメディアを運営している制作・プログラミング相談のプロが
全て無料で相談と学習できるように
無料スクールのメルマガ講座を開設しました。

いまなら、先着300部限定で無料プレゼント付です。

今すぐ無料ダウンロードする

WSLを利用可能にする

Windowsの検索バーから

  • 「Windowsの機能の有効化または無効化」

を入力して検索

「Windows Subsystem for Linux(Linux 用 Windows サブシステム)」  「仮想マシン プラットフォーム」
  1. 「Windows Subsystem for Linux(Linux 用 Windows サブシステム)」
  2. 「仮想マシン プラットフォーム」

を有効化する

$ wsl --install d ubuntu
WslRegisterDistribution failed with error: 0x800701bc
もっと文字化けしたエラーが出る場合もある

この段階インストールしようとするとエラーが出る。
なぜならWSLのアップデートが必要だからだ。

WSLのアップデートの方法1

wsl --update

PowerShellからコマンドでWSLのアップデートをしておく。
またこのコマンドだけで従来版WSLから、ストア版WSLに更新できる。

WSLのアップデートの方法2

x64 マシン用 WSL2 Linux カーネル更新プログラム パッケージを入れる
https://learn.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/install-manual

ここから更新プログラムのパッケージをダウンロードしてアップデートすることも可能。

Linux(Ubuntu)のインストール

Ubuntuをインストールします。

  • WindowsストアからインストールすればOKです。
  1. WidnowsストアからUbuntuを検索
  2. 各パッケージが出るの「Ubuntu」をクリックしてインストール
    指定するOSがあるなら、
    例えば「Ubuntu 18.04.6 LTS」「Ubuntu 20.0.4.6 LTS」 などを選択してインストール

バージョンの確認

$ wsl -l -v
  NAME      STATE           VERSION
* Ubuntu    Running         2

ディフォルトバージョンをWSL2に設定する

$ wsl --set-default-version 2

WSLのバージョンをWSL2に設定しておく

Ubuntuの設定

Ubuntuをクリックして起動します。

Ubuntuの起動画面とバージョン確認

$ cat /etc/issue
Ubuntu 22.04.3 LTS \n \l

どちらのコードでも良い

$ cat /etc/os-release
PRETTY_NAME="Ubuntu 22.04.3 LTS"
NAME="Ubuntu"
VERSION_ID="22.04"
VERSION="22.04.3 LTS (Jammy Jellyfish)"
VERSION_CODENAME=jammy
ID=ubuntu
ID_LIKE=debian
HOME_URL="https://www.ubuntu.com/"
SUPPORT_URL="https://help.ubuntu.com/"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.launchpad.net/ubuntu/"
PRIVACY_POLICY_URL="https://www.ubuntu.com/legal/terms-and-policies/privacy-policy"
UBUNTU_CODENAME=jammy

Ubuntu Rootパスワード設定

$ sudo passwd root
[sudo] password for yokoyama:
New password:
Retype new password:
passwd: password updated successfully
  • New password:
    新しい設定するパスワード
  • Retype new password:
    パスワード確認(上記と同じパスワード)
  • passwd: password updated successfully
    成功したメッセージ

Open SSH Serverのインストール

$ sudo apt update
$ sudo apt install openssh-server

これでSSHのインストールが完了です。

SSHが動作しているか確認

$ sudo systemctl status ssh
● ssh.service - OpenBSD Secure Shell server
     Loaded: loaded (/lib/systemd/system/ssh.service; enabled; vendor preset: enabled)
     Active: active (running) since Mon 2023-12-11 16:17:04 JST; 58s ago
       Docs: man:sshd(8)
             man:sshd_config(5)
   Main PID: 1206 (sshd)
      Tasks: 1 (limit: 18971)
     Memory: 1.7M
     CGroup: /system.slice/ssh.service
             └─1206 "sshd: /usr/sbin/sshd -D [listener] 0 of 10-100 startups"

動作してない場合は以下のコマンドを実行

$ sudo systemctl enable ssh
$ sudo systemctl start ssh

これで動作します。

ファイアーウォールを利用している場合の許可

$ sudo ufw allow ssh

SSHをRootでも接続できる様にする

$ sudo vi /etc/ssh/sshd_config

ファイルに下記を付け足す

PermitRootLogin yes
PasswordAuthentication yes

:wq で保存して終了。

$ sudo /etc/init.d/ssh restart

SSHのリスタートコマンド。

RegisterDistribution failed with error: 0x8007019e Error: 0x8007019e Linux ? Windows ??????????????????のエラーでハマったら

DockerとWslを使っていると、よくこんなエラーに遭遇する。
何回もハマったので、手順を解説。

  • wsl –install をやってもエラー
  • Ubuntu起動してもError: 0x8007019e Linux ? Windows
  • wsl -v やってもエラー
  • dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart 効果なしだった場合
  • dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart 効果なしだった場合
  • wsl –update 効果なしだった場合

この場合下記手順により起動可能になります。

Error: 0x8007019e Linux の結論

Windowsサブシステム関連をすべて削除し
Windowsサブシステムを再度インストールすることで治る。

Error: 0x8007019e Linuxエラーから復帰の手順

  • Linux用Windowsサブシステム
  • Windows Subsystem for Linux
  • Windows Subsystem for Linux Update

一度これらをすべて削除する

MicrosoftStoreから Windows Subsystem for Linuxをインストールする

インストールが終わったら

wsl --update

Wslのアップデートをしておく。

場合によっては上記の「WSLのアップデートの方法2」で試した
アップデート方法を試すこと。

あとはコマンドかMicrosoftStoreからUbuntuをインストールすれば完了です。

この記事を書いた人

よこやま良平

よこやま良平

こんにちは!18年以上ITエンジニアとして活動してきた
よこやま良平です。

4歳~85歳まで、年間1,792人名以上の方に
パソコンやプログラミング講座を行ってきました。

また18冊以上の書籍を出版しており、連続で1位を獲得しました。
オンライン講座では200件以上のレビューを頂いており
評価は4.9/5.0と高評価を得ています。

その他これまでに3000以上のサービス・システム・サイトを作成。