[掲載日] (更新日) この記事は約 4 分で読めます

VirtualBOXのCommand:~headless エラーやVT-x is not availableが出て困っている場合の解決方法

こんにちはよこやまです。

  • VirtualBOX
  • Vagrant

を使ってローカルサーバーを作るときにエラーで悩まされていることでしょう。

その方法を解決していきます。

まずは環境を確認して下さい。

無料でExcel・Word・パワーポイントの
無料スクールで学習しませんか?

これを読んでいるあなたは、

  • パソコン学習をしたいけど不安だ
  • 事務作業するのにExcelが必要だ
  • まわりに教えてくれる人がいなくて不安だ
  • 本で学習したけど、まったく本の様に出来なかった
  • スキルアップして転職したいが不安だ

そんなお悩みはないだろうか?

このメディアを運営しているパソコン相談のプロが
全て無料で相談と学習できるように無料パソコンスクールのメルマガ講座を開設しました。

いまなら、3大特典プレゼント付きです。

今すぐ無料で相談・学習する

エラー解決手順1:VagrantとVirtualBoxの環境を確認する

  • VirtualBox 5.2.44
  • Vagrant 2.2.9

の環境にして下さい。2020年12月段階では、VirtualBoxの最新版を使うとVagrantの相性が悪くエラーが起こって起動できません。

エラー解決手順2:VT-x is not availableエラーはWindowsのHyper-VをOFFにする

Windows Pro(Windows homeは関係ありません)のみですが、Hyper-VとVirtualBoxの様な仮想環境が共存できない。

そのため、下記部分をOFFにする必要があります。

VT-x is not availableエラーはWindowsのHyper-VをOFFにする
VT-x is not availableエラーはWindowsのHyper-VをOFFにする
  1. コントロールパネル > プログラムと機能 > Windows の機能の有効化または無効化よりHyper-V とvirtual machine platform (仮想マシンプラットフォーム)のチェックを外す
  2. Windowsを再起動してください。

エラー解決手順3:Command: [“startvm”, “数字番号”, “–type”, “headless”]エラー

Vagrant upのコマンドを使ったあとこの様な Command: [“startvm”, “数字番号”, “–type”, “headless”]エラーが出て解決できない場合

Command: ["startvm", "数字番号”, "--type", "headless"]エラー

これは色んなパターンがありますが、次を試しましょう

  1. vagrantfile を開きます
  2. コードを探して追記します
  3. vagrant up

vagrantfileに追加するコード

config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
  vb.customize [ "modifyvm", :id, "--uartmode1", "disconnected" ]
end

エラー解決手順4:~cloudimg-console.log VERR_PATH_NOT_FOUNDエラーが出ている場合

ログファイルのパスが違う場合があります。

ログファイルの場所を確認する
  1. ログファイルの場所を確認
  2. パスが間違っているなら修正する
  3. ログファイルが作成されてなければ、空のファイルを作成してみる

この様にOSを入れた場所を確認して、ログファイルが無ければ念のためログファイルを空で良いので同じなまで作成してみる

Vagrant up をして動作を確認してみる

最後はVagrant + VirtualBoxを使ったOSのインストールが出来るか確認しましょう。

$ vagrant up

このコマンドで最後起動できるか確認してみましょう。

もしまだOSのインストール手順を行ってないのであれば、先にOSをインストールして下さい。

VirtualBOXのCommand:~headless エラーやVT-x is not availableが出て困っている場合の解決方法まとめ

  1. エラー解決手順1:VagrantとVirtualBoxの環境を確認する
  2. エラー解決手順2:VT-x is not availableエラーはWindowsのHyper-VをOFFにする
  3. エラー解決手順3:Command: [“startvm”, “数字番号”, “–type”, “headless”]エラー
  4. エラー解決手順4:~cloudimg-console.log VERR_PATH_NOT_FOUNDエラーが出ている場合

このようにエラーで困っていてもいくつか試すことによって最後は解決できます。解決できるまでに1週間かかる場合もあります。

ですので、ちょっとつまずいても大丈夫です。
複数の方法を試すことが大切です。

▼この講座で出来ることは

  1. Vagrantのサイトへアクセス
  2. Vagrantをダウンロードしてインストール
  3. virtualboxのサイトへアクセス
  4. virtualboxをダウンロードしてインストール
  5. Ubuntuのパッケージファイルをダウンロード
    この講座で用意したUbuntuのパッケージファイルをダウンロード
  6. Ubuntuのパッケージをインストール
  7. 統合開発環境との接続

絶対にできるように作成しましたので、

一緒に頑張っていきましょう。

仕事で使える文系の初心者でも絶対に挫折しないRuby on Railsが動くUbuntuサーバー構築の手順

「Ruby on Railsのあの画面を出してみたい」
「どんなものかさわってみたい」
「Ruby on Railsを学習したい」
「WEBアプリを作成した」
「仕事で使うから今すぐ必要だ」

そんな悩みのある、あなたに向いている講座になっています。

仕事で使える文系の初心者でも絶対に挫折しないRuby on Railsが動くUbuntuサーバー構築の手順

【仕事で使える】文系の初心者でも作成できた!プログラミングができない私でもアプリ開発するRuby on Rails講座

いつも最後までRuby on Railsのプログラミング学習が出来なかったあなたに朗報!

  • 初心者だけど挫折しそう
  • エンジニアとして働きたい、転職したい
  • 何から学んでいいかわからない
  • ローカルサーバーを構築できない
  • 仕事で使えるRuby on Railsを探している
  • WEBアプリ・サービスを作成したい
  • Ruby on Railsの学習方法がわからない

こちらでお悩みなら、この講座はお役に立てるでしょう

文系の初心者でも作成できた!プログラミングができない私でもアプリ開発するRuby on Rails講座