[掲載日] (更新日) この記事は約 5 分で読めます

Googleアドセンスで落ちまくる人はこの3つを改善すると審査に通る。1発合格した方法とは

アドセンスの広告に承認される方法

アドセンスの広告に承認されなくて困ったことはないだろうか?
アドセンスに落ちまくるで悩んでないだろうか?

承認されること自体は難しいことではない。にもかかわらず、Googleアドセンスの審査に何度も落ちて困ってはいないだろうか?

もしかしてGoogleのアドセンス審査はメチャクチャ厳しいのではないか?

そう思ってしまってもしょうがない。しかしGoogleアドセンスの審査に落ちる人は必ずある間違いをしている。

結論から言うと、「必ず通る方法は存在する」から、試してほしい。

間違いを正しながら一発で合格する方法を説明したいと思う。

Ruby on Railsのプログラミングを最短1ヶ月で習得
RailsHack講座では13日間の無料期間(全額返金保証)で安心のスクールです。
WEBアプリケーションが実際に作成できます。
» RailsHack講座の13日間の無料体験(全額返金保証)はこちら

Googleアドセンスとはなにか?

簡単に説明すると、ネット広告である。ブログやホームページに表示されている多くはGoogleアドセンスと言っても過言ではないぐらい多く貼られている。

この広告がクリックされることによって、貼っているサイト管理者へ報酬が入る仕組みだ。

だが、報酬を得るためには審査を受ける必要がある。

あなたのサイトがGoogleの広告を掲載できるかどうか、ユーザーにとって有益な情報を提供できるかどうかの審査をするのである。

Googleアドセンスの審査で落ちまくる理由

Googleアドセンスの審査に落ちる理由
Googleアドセンスの審査に落ちる理由

普通にブログなら記事を書いていれば通る。
でもなぜか審査に落ちまくる人は多発する。

なぜか?

それはある間違いをしているから。
わりと審査は通るはずなのに、審査に落ちまくる人は以下を確認してほしい。

  • 記事は足りているか?
  • すでに広告が多数貼ってないか?
  • システムで生成された記事や文章ではないか?
  • 薬事法、アダルト、ギャンブルなどにサイトに触れていないか?

まず、この4つに該当していないか確認してみよう。

解説しているサイトによっては適切に写真を掲載するなど、書いているサイトもあるが関係ない。Googleアドセンスの審査で画像を掲載しているかどうかは全く関係ない。

またテーマを1つに絞った方がいいなどアドバイスをしているユーザーもいるがこれもまったく関係ない。

Googleアドセンスの審査にテーマが1つである必要は全くない。

ただし次の内容は大いに関係があるので、絶対に守る必要がある。

Googleアドセンスの審査で守らなければいけないこと

Google サイト運営者向けポリシー

ここに書かれている内容は絶対に守らなければいけない。守らない場合は、警告もしくは即時非表示になる。

簡単にまとめると、

  • 成人テーマ
  • 暴力
  • 薬物
  • 知的財産
  • 違法
  • 絶命危惧種
  • 不正行為を助長
  • 不適切な表示
  • 露骨な性的描写

など違法性の高いものや危険な行為や助長などのコンテンツはいけません。

まだGoogleアドセンスの審査に落ちまくる場合

3つを見直して、いざ申請したらまた落ちた。
なぜなのか?

そう思ったでしょうか?

Googleアドセンスの審査に落ちない方法

この3つを修正してください。

  • 1記事に最低でも2000~3000文字以上、文字数がある状態
  • アドセンス申請中は広告をすべて外しておく
  • 全部の記事数を15~20記事以上にしておく

これで100%、Googleアドセンスの審査は通る。

Googleアドセンスの審査に1記事3000文字も必要なのか?

文字数多すぎると思ったでしょうか?

多くない。断じて多くない。

なぜか?

そもそも、アフィリエイトやブログで稼ごうとした場合、何かの商品を説明するだけもで2000文字は超える。

もしブログなのに2000文字程度も文字数が超えていないなら、その商品は売れてない。

確実に売れてないはずだ。
どうだろうか?500文字ぐらいでなにか商品売れただろうか?

見直してみて欲しい。

ランディングページと言う広告ページ(縦に長い商品説明が書かれたページ)でさせも、割と2000文字以上になる。

Googleアドセンスの広告は稼ぐための手段

Googleアドセンスの広告は稼ぐための手段であれり目的ではない。

どうだろうか?Googleアドセンスに合格することが目的になってないだろうか?Google側も意味のあるコンテンツを推奨している。人に役立つコンテンツを推奨している。

つまり、アフィリエイトの広告文章だけコピーしてペーストしただけのブログやサイトに価値は無いということだ。

こうなってしまうと、SEO(検索エンジン最適化)しても勝てない。

だから今後のためにも、最低でも2000文字程度は文章を書く必要がある。

Googleアドセンスの審査に合格する方法

Googleアドセンスの審査に合格した結果
Googleアドセンスの審査に合格した結果
  • 1記事に最低でも2000~3000文字以上の文章
  • アフィリエイトの初心者の場合はGoogleアドセンス広告の申請期間中はアドセンス以外の広告は外しておく※広告を貼りすぎないために。
  • 申請する時の公開されている記事数は15~20記事以上にしておく

たったこの3つだけ守れば、絶対にGoogleアドセンスの審査に合格する。

もしこれを守ったにも関わらず、審査に合格しない場合は、連絡してほしい。
あなたのサイトやブログを無料でチェック・添削します。

Googleアドセンスの審査に合格後やってはいけない広告表示方法

やっとGoogleアドセンスの審査に合格したら、ドシドシ広告をはって稼ぎたい!そう思ったでしょうか?

それは大きな間違いです。

ときに厳しく定められている内容が次の通りです。

広告のプレースメントに関するポリシー

簡単にまとめると

  • 誤クリックの回避(誤クリックの誘導)
  • 広告の不自然なアピール
  • スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるサイト レイアウト
  • 適切な広告配置
  • 広告フォーマットに似せたコンテンツ

など、広告を間違って押させるような、Googleアドセンスの配置の仕方をしてはいけないと言うこと。

またGoogleアドセンスがメインのコンテンツではいけないということ。

どちらもユーザーにとって有益ではなく、不利益なサイトになるため、長期的に見てもサイトの収益は落ちるだけなので、してはいけない。

Googleアドセンスは稼げるのか

結論から言うと実際問題、Googleアドセンスだけでは稼げない。

Googleアドセンスの審査に合格して広告を掲載してもせいぜい数万円がいいところ。

これは各サイトで公開されているので調べればでる数値だが、 30万PVでも十万円前後が関の山になる。

だから、30万PVまで伸びたなら、自分のサービスを作成して売ったり、コンテンツを売ったりした方がこの何十倍の利益になるのは間違いない。

数万円程度はGoogleアドセンスで稼ぐなら最高

1~3万円をGoogleアドセンスで稼ぐのであれば、割と簡単にいく。
実際ビジネス用だが放置しているサイトで38,000PVで 8,400円程度の収入は上がっている。

Googleアドセンスに合格したら、ユーザーに有益なコンテンツを公開していくことが大切。

サイトの更新や便利さを上げるためにプログラミングを少し勉強しておくと、後から楽になるから暇があったら勉強しておくといいよ。

じゃあまた次回!またね。

挫折しそうなプログラミングなら動画講座。30日間全額返金保証