[掲載日] (更新日) この記事は約 4 分で読めます

ピンチ!WordPressのパスワード忘れた、メールアドレスも無い! パスワードの復元復活方法

ピンチ!Wordpressのパスワード紛失、メールアドレスも無い! パスワードの復元復活方法

この記事を読んいると言うことは、今あなたは絶賛ピンチ中なのではないだろうか?

  • WordPressにログインできない
  • ワードプレスのパスワードを忘れた
  • メールアドレスもない

そんな状況でWordPressの管理画面にログイン出来なくなっているとと思う。

この記事では、その状況を現役のエンジニアが一発で解決する方法を解説するよ。

WordPressのパスワードを復活復元する方法

WordPressのパスワードを忘れる

WordPressのパスワードを忘れた
WordPressのパスワードを忘れた

ワードプレスのパスワードを忘れると、ログインできなくなる。

しかし、

  • ワードプレスのパスワードも忘れた

この場合はもう1つ方法がある。

それはメールアドレスによるログイン方法だが

WordPressのメールアドレスもわからない

WordPressのメールアドレスも分からない
WordPressのメールアドレスも分からない

パスワードを忘れても、メールアドレスさえ分かっていれば、

パスワードを忘れたときの機能

があるのでWordPressのパスワードをリセットできる。これの記事を読んでいる時点で、もっと酷い状況だと思う。

ワードプレスのパスワードもメールアドレスもわからない状況

「そんな状況なんて無いだろ?」

そう思うだろうか。

実際は多々ある。
とくに

  1. クライアントから依頼されたもの
  2. クライアントが管理していたもの
  3. 前任者が管理していたサイト
  4. 退職者が管理していたサイト
  5. 昔作ったサイト
  6. 作ったパスワードをメモする前に構築した
  7. アカウントが分からない

などこの様に多数ある。
こうなると初期化する以外入れなさそう。

だがしかし、もう1つだけログイン可能にする方法がある。

これから解説したい。

ワードプレスのパスワード復活復元方法

もう1つの方法は、 PhpMyAdmin からログインして解決する方法。

つまりデータベースを直接書き換える方法です。

ちょっと難しい様に聞こえますが、やることはクリックぐらいで簡単です。

1:Phpmyadminへログインする

データベースへアクセスするPhpMyAdmin
データベースへアクセスするPhpMyAdmin

PhpMyAdminへログインする

2:ワードプレスのwp_users テーブルにアクセス

wp_users テーブルにアクセス
wp_users テーブルにアクセス
 wp5_

と表示されている部分、通常なにも変更してない場合は

wp_

と表示されています。

そのwp_usersテーブルをクリックします。

3:暗号化されたパスワードとIDが表示

暗号化されたパスワードとIDが表示されます
暗号化されたパスワードとIDが表示されます

wp_usersをクリックするとこのように

  1. user_login(ログインID=ユーザー名)
  2. user_pass(ユーザーパスワード=ログインするパスワード)

このように表示されます。

この user_pass がパスワードです。

  • ただし、このパスワードは暗号化されているので、このパスワードをメモしてもログインできない

どうすれば良いかと言うと

編集

と書いてあるリンクをクリックします。

4:カラム・データ型・関数・値が表示される

 カラム・データ型・関数・値の表示
カラム・データ型・関数・値の表示

このように

  1. カラム(ID)
  2. データ型
  3. 関数
  4. NULL

が表示されます。

その中のID縦列に

  • user_login(ログインID=ユーザー名)
  • user_pass (ユーザーパスワード=ログインするパスワード)
  • user_email(ユーザーメールアドレス)

これが記載されてますね。

この部分にある

user_pass (ユーザーパスワード=ログインするパスワード)

を変更していきます。

どのように変更するかと言うと

5:MD5に変更する

user_passの関数をMD5に変更する
user_passの関数をMD5に変更する

手順は簡単で

  1. user_passの関数部分をクリックして
  2. user_passの関数部分をMD5に変更
  3. user_passの値部分をすきなパスワードへ変更
MD5に変更して好きなパスワードで実行ボタンを押す
MD5に変更して好きなパスワードで実行ボタンを押す

実行ボタンを押す

これで保存されます。とても簡単ですね。

6:保存されたパスワードを確認

実際に保存完了すると

意味不明な暗号化された文字列

になって表示されますが、実際の中身は先ほど入力した好きなパスワードで保存されています。

変更したパスワードでWordPressへログイン

ワードプレスへログインしてみましょう

先ほど保存したパスワードでログインしてみましょう。

無事に変更したパスワードでログイン成功
無事に変更したパスワードでログイン成功

無事に変更したパスワードでログイン成功 しました。

このように

  1. パスワード
  2. メールアドレス
  3. ユーザー名

まで忘れてしまっても慌てなくて大丈夫です。

簡単に書き換えて保存できます。

WordPressのパスワード紛失、メールアドレスも無い! パスワードの復元復活方法まとめ

  1. Phpmyadminにログイン
  2. wp_usersをクリック
  3. 編集をクリック
  4. user_passの関数をMD5に変更
  5. user_passの値を好きなパスワードに変更
  6. 実行ボタンを押す

これで好きなパスワードに書き換えた状態でログイン出来るようになります。

ワードプレスでログインIDやパスワードを忘れてしまっても大丈夫です。

慌てずにまずは確かめてください。

挫折しそうなプログラミングなら動画講座。30日間全額返金保証