[掲載日] この記事は約 2 分で読めます

Windowsでローカルサーバーのドメインを変更する方法hostファイルの開き方手順

ローカルサーバーで例えば、

192.168.xxx.***  → kakudomein.***

などのアドレスを変更したいときに使う方法と手順

ゼロからネットで稼ぐための
無料メルマガスクールで勉強しませんか?

これを読んでいるあなたは、

  • 「フリーランスになりたいけど稼げるか不安だ」
  • 「クラウドソーシングや営業して稼げるか不安だ」
  • 「副業をはじめたが、いっこうに成果がでない」
  • 「フリーランスになるのにプログラミングを勉強したい」
  • 「SEO・上位表示対策を勉強したい」
  • 「在宅で稼げるようになりたい」
  • 「WordPressを学習したいがよくわからない」

そんなお悩みはないだろうか?

このメディアを運営しているフリーランス相談のプロが
全て無料で相談と学習できるように
副業・フリーランスの無料スクールのメルマガ講座を開設しました。

いまなら、5大特典プレゼント付きです。

hostファイルを変更する方法

Windowsのhostファイルを開くには 管理者権限で実行しないとファイルが開いても保存できません。

hostファイルの場所

WindowsのHostファイルが保存されている場所は

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

この中にしまわれています。

普通に開いても編集しても保存できません。

ではどうすれば良いかと言うと

Windowsメモ帳を管理者権限で開く

Windowsのメモ帳を管理者権限で起動します。

ただ右クリックして管理者権限で起動しただけだと、hostファイルが開けない場合があります。

hostファイルをパワーシェルでコマンドから開く方法

右クリックから管理者権限で開けない場合はパワーシェルを使って開きます。

  1. パワーシェルを起動
  2. コマンド入力
  3. テキスト表示
  4. テキスト追加
  5. hostファイル保存

この手順で行います。

パワーシェルの出し方

パワーシェルの開き方
パワーシェルの開き方

まずパワーシェルを開く方法です。

Windowsアプリ一覧からでも良いですが、検索バーから

  • power

と入力してください。

Window PowerShell をクリックして起動します。

パワーシェルの起動画面

パワーシェルの起動画面
パワーシェルの起動画面

バージョンによって若干ことなりますが、このようにWindow PowerShellと書いてあれば大丈夫です。

hostファイルを開くパワーシェルのコマンド

パワーシェルの管理者権限でhostを開くコマンド
パワーシェルの管理者権限でhostを開くコマンド
powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -Command "start notepad C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts -verb runas"

このコマンド1行で簡単に管理者権限で開くことができます。

hostファイルを編集する

メモ帳なので使い方はそのままいつものメモ帳と同じです。

メモ帳を管理者権限で表示して最後の行にドメインを追加
メモ帳を管理者権限で表示して最後の行にドメインを追加

これでhostファイルが保存できます。

最後に https:// 追加したドメイン名 でアクセスして確認します。